Archives de l'étiquette : 詐欺

物乞い 1

Par Momoparis

物乞いは、世界中どの国にも存在しています。人数は少ないですが、日本にも存在しています。特にパリには多くの物乞いが存在しています。もしパリを訪れる際には、必ずと言っていいほど物乞いに遭遇しますし、お金を要求されるはずです。 この記事の目的は、様々な種類の物乞いを紹介し、様々な場面において、実際に皆さんが物乞いに遭遇した際の対処方法を紹介する事です。 まず始めに、ジプシーの物乞いがいます。ジプシーについては、既にジプシーの記事でお話しています; ここからジプシーの記事が読めます。 道端の物乞い達 散歩をしたり、素敵な通りを散策したりして過ごすなら、かなりの確率で物乞い達に遭遇し、お金を要求されるでしょう。彼達は、しばしば通りに座り込んでいたり、寝ていたりします。彼らの多くは戦争を経験したシリア人家族で、フランスに移民に来た人達です。彼らは、ほぼ全てのパリの大通りに現れます。彼達は、危険な事は何もしません。物乞いは、生活の為の手段なのです。 家のないホームレス(SDF)も存在します。彼らはフランス人で、助けを必要とし、生活する為に道で物乞いをしています。驚くことに道端で生活する若者がますます増えています。また、何人かの物乞い達は、道端で犬を連れています。 街頭の乞食と彼女の子供 メトロの中の物乞い パリの市内を移動するにはきっとメトロを使うと思います。メトロは、早く、効率よく、一つの場所から他の場所へと移動できます。メトロは、あなたにとってとても危険な場所の一つですが、今はメトロの中の物乞いの話だけをします。 日本のメトロの中では、物乞いが近づいてきてお金を要求するなど考えられない事です。パリでは、この状況は当たり前の事です。多くの物乞い達が、車両から違う車両へと移動しながら乗客の前で演説します。(この演説では、自分の状況となぜお金が欲しいかを説明します。物乞いは、メトロの乗客に同情をあおります。) 演説が終わると、物乞い達は乗客達にお金を要求したりします。 二つの事があなたを困らせるでしょう。まず一つは、何人かの物乞いは攻撃的な態度を示したり、あなたに嫌な思いをさせたりします。もう一つは、物乞いの多くはSDF(ホームレス)といい、度々臭い匂いがしたりするのでとても気分が悪くなる事があります。 メトロの中で、膝上に置かれる紙 膝上に紙を置く方法は、ジプシーによって頻繁に行われています。彼らは、一枚の紙をあなたの膝上に置きます。紙には、彼らがお金が必要であるという説明が書かれています。この方法を使った物乞いは、大胆でとても無礼です。その上、紙を膝上に置かれる事は、極めて耐え難く、どうしていいか分からなくなります。紙を取り払うべきか?取った紙はどこに置けばいいか?捨てるべきか?もしこの紙を捨てたら、物乞いは戻ってきて紙を回収するのか?危ないか? アドバイス お金をあげてはいけない 紙を膝の上に置かれたままにせず、近くの空いている席の上に置く様にする。 紙を床に捨ててはいけない。なぜなら物乞いが怒り出したり、攻撃的になる事がある。 または、自分の座っていた席に紙を置いて、違う車両に移動したり、次のメトロに乗り換える事も出来る。

続きを読む »

代金を支払う時には詐欺に要注意

Par Momoparis

代金を支払う時には詐欺に要注意   ブティックや土産物店で買い物をするときや、レストラン、バーなどでも詐欺に注意する必要があります。なぜなら店員の中には、支払いの際に躊躇することなく平気でごまかす人たちがいるからです。今回は、そのなかでも代表的な二種類の詐欺について紹介します 一つ目のよくある詐欺は、同じ商品のバーコードを二度スキャンしたりすることです。これによって、一つの商品について二倍の代金を支払うことになります。これを避けるためには、毎回レシートをチェックし、同じ商品に対してスキャンが二回行われていないかを確認する必要があります。 二つ目の詐欺は、日常頻繁に行われていて、観光客だけではなくフランス人も被害に合っているものです。私自身も数回被害にあったことがあります。 それはとてもシンプルで、お釣りを返すときに、ごまかしてお釣りの一部を搾取するというものです。例えば、10ユーロのお釣りにもかかわらず、6ユーロしか渡さないということです。彼らにとっては、あなたの支払う代金が高額であればあるほど、より簡単にお金をだまし取ることができる、ということになります。 アドバイス 店員を過信しすぎずにその都度金額を 確認する必要があります。もし、金額の誤りを見つけたら、店員に返金要求することをためらってはいけません。彼らはミスを認め、お金を返してくれるでしょう。

続きを読む »

3個のコップゲーム、勝っても負ける

Par Momoparis

パリに何度か訪れた方は、既にこのゲームを目にした事があるはずです。(このゲームの正式名称を知らない為、“3個のコップゲーム”と名付けました)このゲームは、パリでは広範囲で行われています。例えば、エッフェル塔などの観光客が多く集まる場所では、沢山行われています。このゲームの裏では、恐るべき詐欺が行われ、沢山のお金を失います。 ゲームの説明 このゲームを理解することは、とても簡単です。3個のコップと1つの小さなボールがあります。1人が、小さなボールをこの3つのコップのいずれかに隠し、コップを早く動かしたり、遅く動かしたりします。最終的にコップを動かすことをやめ、ボールがどのコップの中にあるかを当てさせるものです。 このゲームに参加するためには、お金を賭ける必要があります。最小賭金は、50ユーロです。理論的には、50ユーロを賭け、もしボールの入っているコップを当てることが出来れば、50ユーロを貰えますが、もしハズレれば、50ユーロを失う事になります。 彼らは前の観光客を演じる 彼らは前の観光客を演じる このゲームは違法で、詐欺である事は明白です 何秒か見ているだけで50ユーロを得る事は魅力的です。その上、このゲームは簡単に理解ができ、とても簡単に儲ける事ができるように見えます。しかし、このゲームは、一種の詐欺であり、その理由をこれから説明します。 まず始めに、このゲームが違法で、フランスでは禁止されていると言う事を知る必要があります。しかし、このゲームが違法にも関わらず、公に観光地で行われています。詐欺師達が、観光客達に詐欺を働いているのです。詐欺師達は、隠れることなく、ストレスも受けてはいませんが、稀に警察に動揺しています。この異常な状況は、まさに恥ずべきことです。しかし、これがパリの現状なのです。 彼らはエッフェル塔の正面でゲームをプレイしている 詐欺の手口 コップを操る人は、プレイする側に小さなボールがどのコップの中にあるかを推測させ、何人かの共犯者に取り囲ませます。共犯者達は、入れ替わりますが、通常、3人から7人います。 もちろん共犯者達は、知らないふりをします。彼らは多額のお金を賭け、どのコップにボールが隠されているのかを推測し、簡単に儲けています。 彼ら(共犯者達)の役目は、コップを操る人がいかに誠実で、彼がほぼ毎回負けるので、お金を儲ける事は簡単だと見せつけ、周囲の観光客達を安心させる事です。他の共犯者達は拍手をし、人々の注目を集めています。 この動画では3つのカップを使ったゲームがいかに組織だっているかが分かると思います。ゲームを行うマスターがいて、カップを動かしていきます。同じゲームのマスターを行う者同士がパートナーとなって一緒にプレイしています。動画の中でゲームのマスターである男性が旅行者にゲームの呼び込みをしているのが分かると思います。しかし旅行者はこの賭けに絶対に勝つ事は出来ません。 コップを動かす人は、器用で能力があり、コップを操る事に長けています。 実際には、どこにボールが入っているかを推測するのはとても難しいです。それにもかかわらず、彼は他の共犯者達と一緒プレイします。彼は、なるべくコップを動かす速度を遅くし、みんなにボールが見えるようにします。 この器用な手口によって、相手はあなたを騙し、観光客の見物人にフラストレーションを与えます。なぜなら見物人は、ボールが入っているコップを当てることが、ばかばかしくなり、お金を賭ければ、勝ったかもしれないという気になります。この状況は、人が簡単に儲けることが出来ると説得し、一度疑いが無くなると、観光客はゲームをプレイします。罠は、詐欺師チームによって仕掛けられるのです いずれにしてもあなたはお金を失うのです もしあなたがこのゲームをすると決めたなら、いずれにしろあなたはお金を失います。勝つにしろ負けるにしろ、結果は同じです。あなたはお金を失うのです。 実際、あなたが賭けをした時、このゲームマスターが、急に素早くコップを動かし、ボールをコップから他のコップに移して行きます。普通の目にはその動きが素早過ぎて、ボールが何処に移動しているかを目で追う事は、とても難しいことです。一度コップを動かす動きが止まり、あなたが間違ったコップを選んでしまうと、最初に賭けた賭金を失ってしまいます。 しかし、ラッキーにもボールが入っているコップを当てられたとしてもお金を失います。全ては詐欺であり、このゲームがあなたにとって危険なゲームになりうると言う事です。なぜなら、あなたがボールの入っているコップを当てたとしても相手はあなたにお金をあげる事を拒否します。彼の仲間達(共犯者)が、あなたをゲームに引き込み、もしあなたがお金を要求をするなら、彼達は暴力的になり、逃げ出します。 この動画では三つのカップを使ったゲームが繰り広げられています。まず彼らはカップをとても巧みに動かします。そして彼らはいとも簡単にお金を稼ぐ事が出来るのです。もしあなたが旅行者でこの賭けをしてもお金を儲ける事はできません。それはこのビデオの最後で確認する事ができます。このようなペテン師はエッフェル塔の前で平穏にこのゲームをしているのです。 結論的には、絶対にこのゲームをすべきではないということです。あなたは、お金を失う事は出来ないし、勝つことも出来ない。その上、このゲームをプレイしている間は、とても危険だと言うことなのです。このゲームに参加する人達は、とても危険だと言うことを認識する必要があります。

続きを読む »

ロマ: 窃盗、暴行、詐欺、日本人にとっての危険 1

Par Momoparis

あなたがパリの街を訪れると、必ずロマに出会うことになるでしょう。彼らは特にパリの観光名所に現れます。シャンゼリゼ通りを歩けば彼らはいます。モンマルトルの美しい街並みを歩けば彼らはいます。誰もが訪れたいと思う場所、エッフェル塔やルーブル美術館に行っても彼らはいます。 彼らがそう、ロマ’です。ロマは詐欺や盗み、物乞いのエキスパートです。彼らのターゲットはパリを訪れる観光客、特に日本人です。赤ん坊から子供、思春期の青年、大人たちまでもが、あらゆる方法であなたのお金を盗もうとします。ロマは観光客から物を盗んだり、危害を与えたりする精緻なシステムを作り上げています。 彼らがどのようにあなたのお金を盗むのか、そのテクニックについて紹介していきたいと思います。 物乞い 彼らのお金を盗む方法として、最初に挙げられるのが物乞いです。道で観光客にお金を求めるものです。物乞いには受け身な場合と能動的な場合があります ロマはchamps elyséesでお金を要求する 受け身の物乞い これは女性のロマの場合が多いです。器を自分の前に置いて、何も言わずにお金を待っているタイプのものです。彼女たちは数時間この状態で過ごしたりします。たまにあなたの気を引くためによくわからない言葉を発する人もいます。これらの言葉は理解しにくいフランス語であることが大半です。世界的に美しい道、シャンゼリゼ通りを歩けば、写真のようなロマを見かけることになるでしょう。彼女たちは座っていたり、場合によっては寝転がっていたりします。こうすることによって可哀想と思わせ、もらえるだけお金をもらってやろうという目的です。観光本には決して書かれていないことですが、これがパリの現実です。 ロマはchamps elyséesでお金を要求する 交換可能な赤ん坊を抱いた物乞い この物乞いのテクニックはよく考えられています。なぜなら彼らはとても幼い赤ん坊を抱きかかえながら、食べ物を買うためにお金が必要だと要求してくるからです。このテクニックは巧妙で、私たちに、可哀想な赤ん坊を助けてやりたいという思いにさせます。 しかし、その赤ん坊はずっとそこにいるわけではありません。実は、赤ん坊はただ物乞いの道具として使われており、時間が経つと赤ん坊を交換するのです。赤ん坊が疲れてしまったり、食事を与えなければならなくなった時に、別の赤ん坊と交換するのです。私はこの目で、赤ん坊を交換 する現場を見たことがあります。 ロマ’はchamps elyséesでお金を要求する 能動的な物乞い 能動的な物乞い、それは手にコップを持って自らあなたにお金を求めてくる場合です。彼らは時にあなたを困惑させます。なぜなら彼らはとてもしつこく、数メートルあなたについてきて、お金を求めることがあるからです。 あなたの腕をつかんで叫んできたりもします。 シャンゼリゼ通りを穏やかな気持ちで散歩することは不可能です。なぜならこのようなロマがそこら中にいて、あなたを混乱させるからです。 あなたからお金を盗む二つ目のテクニックとして次にご紹介するのは、詐欺です。 詐欺 偽の請願書による詐欺 偽の請願書による詐欺はエッフェル塔の周りやシャンゼリゼ通り、モンマルトルの街やルーブル美術館のそばに存在しています。 このテクニックはよく知られている方法ですが、未だにこの方法で観光客を騙しているロマがいます。 – 詐欺の手順 一人のロマが請願書を手に持ってあなたに話しかけてきます。彼はあなたに英語が話せるか尋ねます。もしあなたが英語を話すのであれば、そのロマは架空のチャリティー教会の請願書にサインをしてほしいと頼んできます。それは聴覚障碍者のためのサポートについてだったり、珍しい病気についてのものであったりします。それらは架空のものです。請願書は偽物です。一度あなたがそれにサインをしてしまうと、ロマはあなたにお金を求めてきます。 ロマ偽の請願書による詐欺 ロマ 偽の請願書による詐欺 この詐欺の二種類の顔* あなたが与えたお金は、偽のチャリティー協会に届くのではなく、全てロマの物になるということがお伝えできたかと思います。しかし、この詐欺にはもう一つのストーリーがあります。お金をロマに与える際、ロマはあなたの財布の場所をマークします。そして他のロマがあなたの財布を盗むことがあるのです。スリです。一人のロマがあなたに請願書について説明している間や、あなたがサインをしているときなどに盗みを働きます。 予防対策 –              ロマに話しかけられても無視すること、彼らとは常に一定の距離を保つこと –              あなたを触らせないこと、近づかせないこと。彼らはスリをしますし、詐欺のエキスパートです –              請願書には決してサインをしないこと、何があってもお金を渡さないこと –              強気になることを恐れないこと。もしあなたが弱そうにしていると、彼らはもっと攻撃的になります 指輪の詐欺 偽の指輪による詐欺はあまり事例のあるものではありません。ですが出会う可能性がないわけではないのと、この詐欺の独創性についてお伝えしたいのでご紹介しようと思います。 指輪の詐欺 詐欺の手順 ロマがあなたに話しかけてきて、あなたが金の指輪を落としたよと言ってきます。もちろんあなたは、その指輪は私の物ではないと答えるでしょう。するとロマは、この指輪は金でできているから、売るといいお金になりますよとあなたに言います。彼らは大事な指輪を見つけたいかにも優しい人のふりをします。彼らはその指輪を買わないかと勧めてきます。その値段は様々で、あなたが出せる金額を求めてきます。30ユーロから200ユーロくらいまで、様々です。 もちろんのこと、その指輪は金でできていません。売ってもお金にはなりません。何の価値も生み出さない指輪を買ってしまうことになるのです。 予防対策 – 決して指輪を買わないこと – 彼らと会話をしないこと ロマ: 盗み、攻撃、詐欺、日本人にとっての危険 2

続きを読む »

ロマ: 窃盗、暴行、詐欺、日本人にとっての危険 2

Par Momoparis

すり 若いロマがこれを行うことが多く、あなたが気づくことなく物を盗みます。彼らはすりのエキスパートです。すりは15歳以下の若い子どもが行う場合が多いです。 パリでは特に地下鉄内で起こることが多いです。彼らは人の多い時間に現れます。彼らの方法は、あなたが全く気付くことなく物を盗むことです。このすりから身を守るための方法をご紹介します。 地下鉄を使うときは、持ち物のファスナーなどをしっかりと閉めること見つけやすい場所に携帯や貴重品を入れないこと携帯を使っていたり、貴重品を持っている場合は、出入り口の近くに立ったり座ったりしないこと(扉が閉じる瞬間に、あなたのものを奪い取って逃げることがあります)地下鉄内に人が沢山いる場合は、ポケットに手を入れて注意深くなること 攻撃 キャッシュカードを盗んであなたのお金を引き出す これは被害額が大きくなりますし、被害者にとってとても衝撃的なものになるでしょう。残念なことに、パリではこの手の強盗は珍しくありません。 攻撃の方法 あなたがお金を引き出すためにATMに行きます。キャッシュカードを差し込んで、暗証番号を入力します。引き出す金額を入力しようとするとき、一人の男があなたの腕を固定してあなたを動けなくします。あなたが動けなくなっているときに、もう一人の男が欲しい金額を入力します。あなたが抵抗 したりすると、場合によってはもっと激しくなったり殴ってきたりすることがあります。 そして彼らはがお金を引き出すことが出来ると、お金と共に去っていきます。 ATMのカメラ 外のATMでお金を引き出すことをしてはいけないもう一つの理由があります。なぜならいくつかのATMはハッキングされているからです。あなたがお金を引き出すと、盗人はあなたのキャッシュカードの情報をハッキングします。そして彼らはあなたのアカウントにアクセスすることができ、お金を盗むのです。 そのため、外のATMでは絶対にお金を引き出すべきではないのです 予防対策 – 銀行内でお金を引き出すこと – 道路上にある外のATMは使わないこと – お金を引き出すときは用心深くなること – 外でお金を引き出す場合は、人の多い場所で行うこと – 夜間にお金を引き出さないこと ひったくり ひったくりはパリの広範囲で行われています。この方法は頻繁に使われています。あなたが 路上で携帯電話を使っていたり、またはアクセサリーなどの高価なものを身につけていたり、カメラを持っていたりすると、それをひったくります。シンプルにあなたの持っている鞄をひったくることもあります。ひったくりはあなたに気付かれないように近づき、突然あなたの持っている物を盗んで走り去ります。  この盗みは昼でも夜でも起きます。パリにいるともっとこのひったくりに合うことが多いです。 予防対策 – 携帯電話を使う時は注意深くなること – 携帯電話を使う時はしっかりとにぎりしめること – 高価なものを見えやすい所に身につけないこと – カメラを外に身につけないこと – 鞄はいつも閉めておくこと – 夜間に携帯電話を使うことは避けること テラスでの置き引き   典型的なパリジェンヌのようにカフェテラスでコーヒーを一杯飲んでいます。ギャルソンが提供してくれるコーヒーをテラスで味わうことは、間違いなくパリでのいい思い出になるでしょう。しかしながら、あなたはここでも安全ではなく、盗みに出くわす可能性があります。 私が「テラスの盗み」 と名付けるこの盗みの手順について説明していきたいと思います。 あなたがテラスに静かに座っているとします。ロマは携帯電話やカメラなどの貴重品をテーブルの上に置いている客をターゲットとします。日本では携帯電話をテーブルの上に置いたり、そのままお手洗いに行くことはとても普通であることは知っています。しかしパリではそんなことをすると盗まれてしまいます。 盗みの手順 ロマがテーブルの上に置いてあるあなたの携帯電話を見つけると、彼らはあなたに話しかけます。そしてあなたに何らかの書類を見せてきます(請願書などの重要ではないもの)。この目的は、あなたの注意をそこに集中させるためです。あなたがその書類を見つめている間に、ロムはばれないように携帯電話を盗みます。盗むことができた瞬間、ロムはそれをポケットに入れて突然去っていきます。あなたが自分の携帯電話を盗まれたということに気づいたときには、もう遅いでしょう。 予防対策 – シンプルなことですが、テーブルの上に携帯電話や貴重品を置かないこと – ロマが話しかけてきたら、はっきりと「non」と言い、会話を始めないこと(このケースのロムは、多くの場合若い女性です。) – 彼らが差し出してくる書類を見ないこと – かばんをしっかりと抱きかかえること ロマは詐欺をしたり、盗みを行ったり、攻撃をするための新しいテクニックを常に生み出しています。 彼らがパリに居続ける限り、あなたに危険が及ぶのです。彼らは罪を犯し続けます。パリを訪れる際は、彼らの存在に注意深くなる必要があります。…

続きを読む »