Archives de l'étiquette : 奨める

パリのトイレ問題

Par Momoparis

日本では、JRや地下鉄の駅、コンビニ、デパートの中など街のいたるところに無料で使えるトイレがあります。 もし、突然トイレに行きたくなったとしても、簡単に見つけることができるでしょう。日本人ならごく当たり前の感覚です。 パリでは残念ながら街でトイレを見つけるのは簡単なことではありません。地下鉄の駅にもトイレはありませんし、コンビニもありません。そのため、もしパリで突然トイレに行きたくなった場合とても困ることになります。 パリジャンは、街でトイレの問題に悩まされないために、自宅や職場、カフェやレストランなど、落ち着いてトイレが使える環境から離れる時には、必ずトイレに入ってから外へ出ます。 これはパリジャンの習慣です。トイレの問題は大きな懸念事項ですし、外出先で不快な想いをしたくはないですからね。街を歩いていると、犬の尿の後を目にすることも多くありますが、犬のものだけではありません。我慢できなかった人が道端でしている時もあります。 公衆トイレはあるのか? これはパラドックスなのですが、パリは世界でも3番目に観光客が多い街です。それなのに、公衆トイレについては発達しておらず必要最低限のみ設置されています。 ここ数年の改善状況 2016年の7月、24時間無料で使用できるトイレがたったの20基しかパリにはありませんでした。この問題を解決するために、パリ市は、400基の公衆トイレを設置することを決定しました. 街へ出れば、すぐにトイレだと分かるデザインで、特にパリの観光地の近くで多く設置されていて、観光客にとってはとても便利です。パリジャンは前述したように、外出時にはトイレを済ませて出かけることが多いので、あまり公衆トイレを使う人は見かけません。 マイナスのポイント 観光地の近くに設置されたトイレは、多くの観光客が利用するため行列になっていることも珍しくありません。30分待ち、ということもざらにあります。それから、清潔でないトイレもたくさんあります。これはエッフェル塔の近くで撮影した写真ですが、いかに汚れているかが分かるでしょう。これでは、緊急だとしてもここで用を足すのは躊躇してしまいます。 これだけ公衆トイレが少ないと、一般の会社やお店が有料でトイレを貸し出すのも理解できます。一般的には0.70 €から 2 €程度で、シャンゼリゼ通りやチュイルリー庭園、主要駅などにあります。有料なだけにこれらのトイレは1日に何度か清掃されており、清潔です。欠点は有料ということでしょうか。清潔なトイレを使うのに有料というのは残念です。 2018年にパリ市は、男性用小便器を通りに設置しました。しかし、この施策はパリジャンや観光客から批判の声が上がっています。第一に、モラルの問題。道端で用を足している男性を目にするのは、あまり心地いいものではありません。特に子供と一緒にいる時などは目にしたくありませんよね。さらに匂いの問題もあります。最後に、赤い箱がパリの景観を乱すという問題が挙げられています。 今年、状況は少しづつ改善されているものの、いまだにパリのトイレの問題は多く残っています。なので、パリを訪れる際には、パリでトイレを見つけるのは簡単ではないとたまに入れておいてください。

続きを読む »

物乞い 2

Par Momoparis

テラスにいる物乞い達パリではきっとテラスでコーヒーや、お酒が飲みたくなると思います。パリのカフェのテラスは、通りに面しています。その為、物乞い達はくつろいで飲んでいる時でも容赦無く近づいてきます。その上、話していると彼達は上からグラスに唾を吐いたりします。実際に私も何度か経験があり、とても気分が悪いですhttps://youtu.be/ksemHFk0MpYパリのテラス席での物乞い。通常テラスに来る物乞いは強引で恐怖を覚えるものです。しかし、この物乞いは非常に珍しく、お金の代償として詩を朗読しています。 信号機にいる物乞い達もしパリや近郊で車を使うなら、高い確率で物乞い達に遭遇するはずです。物乞い達は、信号機のところで待ち構え、車が赤信号で止まると直ぐに車に近づきお金を要求します。何人かの物乞い達は、車のフロントガラスの拭き掃除を提供する代わりに何ユーロかを要求する事があります。物乞いの中には、許可なしにフロントガラスを吹いて、お金を強制的に払わせる事もあるので注意が必要です。もしこの状況に遭遇した場合は、ワイパーを動かし防止する事です。(この方法は、日常的にフランス人達の車に使われています)時々物乞い達は、ちょっとしたアクロバットショーの様なものを実演したりしています。ショーが終わると、チップを要求したりします。私が思うにこれはとても楽しく、エンターテインメントです。  物乞い達は、観光客に対してとてもしつこい物乞い達は、アジア人観光客を特定します。何人かの物乞い達は、アジア人観光客は、お金を沢山持っていて、フランス人よりも気前がよく、無邪気というイメージを抱いています。この為、何人かの物乞いは、フランス人よりもアジア人に対して、とてもしつこくする傾向があります。もし物乞いがしつこくて、お金をあげたくないなら、彼らにお金をあげたくないと意思表示をする事が大切です。手で合図するだけで十分です。 攻撃的な物乞い物乞いの大半は、攻撃的ではありません。彼らは主にお金を要求したり、驚かせたり、時にはそっとしておいたりします。また、彼らの匂いで困る事や、物乞いの身なりや態度に恐怖心を抱く事があります。ほとんどの物乞いは悪さはしないので安心して下さい。それでも何人かの物乞いは、あなたに何かをする事があります。実際、何人かの物乞いは精神的に問題を抱えています。彼らは、時々お酒を飲んで酔っ払っていたり、麻薬の中毒者だったりします。その為、叩いたり、騒がしかったり、叫んだり、罵倒したり、酒の匂いがしたり、ふらついたり、攻撃的になったり…皆さんはそれらを目撃したら、絶対に避けなければなりませんもしメトロ(地下鉄)で遭遇したら、車両を変えるか、メトロを乗り換えるもし道で見つけたら、反対側の歩道を歩く。もし夜だったら、すぐに明るい場所に移動し、一人にならない様にする。もし怖い様なら、周囲に助けを求めるアイコンタクト、又は目を合わせてはいけない。この行動が、彼らに話しかけたいと言う隙を与えることになる。最後に、カフェのテラスやレストランで物乞いに動揺したら、ウエイターやウエイトレスを呼ぶと、彼らが対処してくれる。 P.S: 私の記事を読んでくれてありがとうございます。この記事が、皆さんのお役に立てば嬉しいです。もし私の記事が好きでしたら、是非お友達ともシェアして下さい。また、私のフェイスブックを通じて、いいねをクリックして頂いたり、次の記事を読んで頂いたり、皆さんのサポートが次の記事を書く励みになります。ありがとうございます。 

続きを読む »

物乞い 1

Par Momoparis

物乞いは、世界中どの国にも存在しています。人数は少ないですが、日本にも存在しています。特にパリには多くの物乞いが存在しています。もしパリを訪れる際には、必ずと言っていいほど物乞いに遭遇しますし、お金を要求されるはずです。この記事の目的は、様々な種類の物乞いを紹介し、様々な場面において、実際に皆さんが物乞いに遭遇した際の対処方法を紹介する事です。まず始めに、ジプシーの物乞いがいます。ジプシーについては、既にジプシーの記事でお話しています; ここからジプシーの記事が読めます。道端の物乞い達散歩をしたり、素敵な通りを散策したりして過ごすなら、かなりの確率で物乞い達に遭遇し、お金を要求されるでしょう。彼達は、しばしば通りに座り込んでいたり、寝ていたりします。彼らの多くは戦争を経験したシリア人家族で、フランスに移民に来た人達です。彼らは、ほぼ全てのパリの大通りに現れます。彼達は、危険な事は何もしません。物乞いは、生活の為の手段なのです。家のないホームレス(SDF)も存在します。彼らはフランス人で、助けを必要とし、生活する為に道で物乞いをしています。驚くことに道端で生活する若者がますます増えています。また、何人かの物乞い達は、道端で犬を連れています。 メトロの中の物乞いパリの市内を移動するにはきっとメトロを使うと思います。メトロは、早く、効率よく、一つの場所から他の場所へと移動できます。メトロは、あなたにとってとても危険な場所の一つですが、今はメトロの中の物乞いの話だけをします。日本のメトロの中では、物乞いが近づいてきてお金を要求するなど考えられない事です。パリでは、この状況は当たり前の事です。多くの物乞い達が、車両から違う車両へと移動しながら乗客の前で演説します。(この演説では、自分の状況となぜお金が欲しいかを説明します。物乞いは、メトロの乗客に同情をあおります。) 演説が終わると、物乞い達は乗客達にお金を要求したりします。二つの事があなたを困らせるでしょう。まず一つは、何人かの物乞いは攻撃的な態度を示したり、あなたに嫌な思いをさせたりします。もう一つは、物乞いの多くはSDF(ホームレス)といい、度々臭い匂いがしたりするのでとても気分が悪くなる事があります。メトロの中で、膝上に置かれる紙膝上に紙を置く方法は、ジプシーによって頻繁に行われています。彼らは、一枚の紙をあなたの膝上に置きます。紙には、彼らがお金が必要であるという説明が書かれています。この方法を使った物乞いは、大胆でとても無礼です。その上、紙を膝上に置かれる事は、極めて耐え難く、どうしていいか分からなくなります。紙を取り払うべきか?取った紙はどこに置けばいいか?捨てるべきか?もしこの紙を捨てたら、物乞いは戻ってきて紙を回収するのか?危ないか?

続きを読む »

チップについて

Par Momoparis

日本では、馴染みの薄いチップ。多くの日本人は、チップの習慣についてよく理解をしていません。そもそもチップとはどのようなものなのか、なぜフランス人はチップを渡すのか、チップは渡さなければいけないもの?渡すならいくらくらい?チップの習慣について解説します。チップとは何か?チップとは、本来支払うべき金額とは別に、サービスに対する感謝の気持ちを表すために渡す、いくらかのお金のことです。一般的にフランス人はレストランやバーでチップを渡します。その他で渡すことがあるのは、タクシーの運転手、ピザなどのデリバリーサービス、美容院(もし新しい髪型が気に入ったなら)、劇場(特定の劇場では、役者が席の近くに来た時にチップを渡す習慣があります)、また、ホテルで荷物を運んでくれたスタッフにも1€渡すのが一般的です。しかし、お伝えしたいのは、チップは決して義務ではない、ということ。渡すか渡さないかは、あなたが決めることです。必要以上に渡す必要は決してありませんそれに、サービス料は、あなたが支払う金額に既に含まれています。グラスワインを注文したなら、支払った金額にウェイターへのサービス料も入っているので、改めてチップを渡す必要はありません。 チップを渡す時は、いくら払えばいいのか?チップを渡す際、いくら渡せばよいのか、それは、あなたが決めることです。サービスの満足度、あなたのユーモア、それから予算によって数十サンチームから数ユーロ渡せばよいのです。 どれくらいのフランス人がチップを渡しているのか。2014年のトリップアドバイザーの発表によると、習慣的にチップを渡すフランス人は15%に留まりました。フランスでは、チップを渡す人は減り続けています。それには以下の3つの理由が考えられます。1.経済危機深刻な経済悪化が続くフランスでは、購買意欲の低下が続いています。それらを背景に、フランス人は外食する回数を減らし、チップも渡さなくなりました。渡すとしても以前より少ない金額になりました。2.カード払いの普及フランスでは、カードで支払うのが、一般的になり現金で払うことが減っています。カード払いだと、お釣りをチップに、ということができません。3.パリの物価上昇レストランもカフェも、値段がとても高いし、観光地では特に顕著です。このため、パリジャンの多くはチップを支払う必要がないと考えています。

続きを読む »