Archives de l'étiquette : ロマ

証言 1

Par Momoparis

私がパリへ旅行に行った際の体験を皆さんにシェアします。 幸い被害には遭わなかったのですが、本当にスリなどの犯罪が多く、アジア人は狙われやすいと思いました。 皆さんぜひとも気を付けてください。 1.地下鉄でのスリ被害未遂   日本人の友達と二人で、地下鉄9号線 Franklin D. Roosevelt駅から地下鉄に乗りました。その駅はシャンゼリゼ通りから近く、いつも観光客が大勢いる上に、夕方の5時くらいだったため、ちょうど帰宅ラッシュとも重なってかなり混み合っていました。 電車が到着して乗り込もうとしたとき、女3人組のジタン(ジプシー)が私と友達を離れ離れにするためにわざと割り込んできました。 私の横にぴったりとくっついてきたジタンが私のかばんをまさぐってきたので、その女の手をよけて睨みつけました。すると次の駅でジタンたちは降りていきました。 結局何も盗られることはなかったのですが、地下鉄では特に気を付けようと思いました。 観光客の多い路線や駅には当然スリもたくさんいます。 混雑した電車は避け、次の空いている電車を待つ方がいいです。 また、地下鉄に乗るときは必ず自分の前で荷物を抱きかかえて死守するべきです。 2.地下鉄でのスリ目撃   地下鉄10号線に一人で乗っていた時、Mabillon駅あたりでスリを目撃しました。中国人風のアジア人中年男性がスーツケース片手に一人で地下鉄に乗り込んできて、私の席のすぐ近くに座りました。同時にその男性にぴったりとくっつきながら女2人組ジタンが乗り込みました。男性は入り口近くの席に座り、ジタンたちは彼に密着しながら囲うような形で立っていました。 車両内にはいくつも空席があるにもかかわらず、わざわざ入り口近くの男性から離れないのがとても不自然だったので、私はずっと観察していました。 すると、一人の女ジタンが男性のスーツケースを指しながら、男性に話しかけました。彼の注意がそいつに向いている間、もう一人の女ジタンが男性の肩掛けかばんを開けようとしていました。奴は自分が身に着けていた大判のマフラーで手元を隠してゴソゴソしていました。(でも私の角度からは見えました。) そうしているうちに次の駅に着き、ジタンたちは何も盗れずに降りていきました。 3. オペラ座近くでのスリ目撃 夕方5時頃、オペラ座近くを友達と歩いているときに、女ジタン4人組がターゲットを漁るように歩いていました。 そのうちの一人が私たちに、「タバコの火を貸してくれ」と言ってきたので、「来るな」と言って追い払いました。 すると、私たちの前に、スーツケースを引いてキョロキョロあたりを見渡しながら歩いている中国人風男性に他の女ジタン3人が狙いを定め始めました。彼はカバンを自分の背後に掛けていたので、ジタンたちがそれを狙っているのは明らかでした。 慣れた様子でジタン2人が犯行を隠すため、大判のマフラーを広げました。 (それでもジタンのすぐ後ろにいた私たちには丸見えだったんですが。) 主犯格のジタンが男性に気づかれないようにぴったりと背後にくっつきながらカバンを開けようとしました。 その時ちょうど私の友達(フランス人)が、「お前ら何してるんだ」と怒鳴ったため、ジタンたちは「何もしてない」などとぶつぶつ文句を言いながら退散しました。 その他、「署名してください」詐欺には何度となく声を掛けられ、「指輪落としましたよ」詐欺にも2回遭遇しました。(もちろんいずれも無視したため、何も被害はありませんでしたが。) このように、アジア人観光客は特に狙われやすいです。 スリなどの犯罪者は、私たちが金持ちで現金をたくさん持ち歩いている上に隙が多くておとなしいと思っており、格好の標的にしてきます。 パリを観光の際は以下のことに気を付けて頂き、被害に遭われないことを切に願います。 ・現金を必要以上に持ち歩かない。 ・財布は取り出しにくいところにしまう。 ・カバンは常に自分の前で持つ。 ・カバン、財布などの持ち物や服装はなるべく質素に。 ・スマートフォンを操作しながら歩かない。 ・地下鉄のホームでは特に周りに注意する。電車が到着したら、あえて自分が並んでいた場所から少し移動してから乗り込む。不自然に自分の後をついてきた人はスリです。    ・財布をしまうときは周りに注意する。スリはどこに財布をしまったか見ていて後をついてきます。     ・地図を広げて見たり、カメラを掛けて歩いたりなど、「ザ・観光客」と思われる行動を慎む。     ・街中で誰かに何か話しかけられても相手にしない。そのときフランス語で何か言うと効果的なので、少し勉強しておくといいかもしれません。     ・万が一被害に遭った時のために、警察や大使館などの情報をメモしておく。   cerisier de paris

続きを読む »

物乞い 1

Par Momoparis

物乞いは、世界中どの国にも存在しています。人数は少ないですが、日本にも存在しています。特にパリには多くの物乞いが存在しています。もしパリを訪れる際には、必ずと言っていいほど物乞いに遭遇しますし、お金を要求されるはずです。 この記事の目的は、様々な種類の物乞いを紹介し、様々な場面において、実際に皆さんが物乞いに遭遇した際の対処方法を紹介する事です。 まず始めに、ジプシーの物乞いがいます。ジプシーについては、既にジプシーの記事でお話しています; ここからジプシーの記事が読めます。 道端の物乞い達 散歩をしたり、素敵な通りを散策したりして過ごすなら、かなりの確率で物乞い達に遭遇し、お金を要求されるでしょう。彼達は、しばしば通りに座り込んでいたり、寝ていたりします。彼らの多くは戦争を経験したシリア人家族で、フランスに移民に来た人達です。彼らは、ほぼ全てのパリの大通りに現れます。彼達は、危険な事は何もしません。物乞いは、生活の為の手段なのです。 家のないホームレス(SDF)も存在します。彼らはフランス人で、助けを必要とし、生活する為に道で物乞いをしています。驚くことに道端で生活する若者がますます増えています。また、何人かの物乞い達は、道端で犬を連れています。 街頭の乞食と彼女の子供 メトロの中の物乞い パリの市内を移動するにはきっとメトロを使うと思います。メトロは、早く、効率よく、一つの場所から他の場所へと移動できます。メトロは、あなたにとってとても危険な場所の一つですが、今はメトロの中の物乞いの話だけをします。 日本のメトロの中では、物乞いが近づいてきてお金を要求するなど考えられない事です。パリでは、この状況は当たり前の事です。多くの物乞い達が、車両から違う車両へと移動しながら乗客の前で演説します。(この演説では、自分の状況となぜお金が欲しいかを説明します。物乞いは、メトロの乗客に同情をあおります。) 演説が終わると、物乞い達は乗客達にお金を要求したりします。 二つの事があなたを困らせるでしょう。まず一つは、何人かの物乞いは攻撃的な態度を示したり、あなたに嫌な思いをさせたりします。もう一つは、物乞いの多くはSDF(ホームレス)といい、度々臭い匂いがしたりするのでとても気分が悪くなる事があります。 メトロの中で、膝上に置かれる紙 膝上に紙を置く方法は、ジプシーによって頻繁に行われています。彼らは、一枚の紙をあなたの膝上に置きます。紙には、彼らがお金が必要であるという説明が書かれています。この方法を使った物乞いは、大胆でとても無礼です。その上、紙を膝上に置かれる事は、極めて耐え難く、どうしていいか分からなくなります。紙を取り払うべきか?取った紙はどこに置けばいいか?捨てるべきか?もしこの紙を捨てたら、物乞いは戻ってきて紙を回収するのか?危ないか? アドバイス お金をあげてはいけない 紙を膝の上に置かれたままにせず、近くの空いている席の上に置く様にする。 紙を床に捨ててはいけない。なぜなら物乞いが怒り出したり、攻撃的になる事がある。 または、自分の座っていた席に紙を置いて、違う車両に移動したり、次のメトロに乗り換える事も出来る。

続きを読む »

ロマ: 窃盗、暴行、詐欺、日本人にとっての危険 1

Par Momoparis

あなたがパリの街を訪れると、必ずロマに出会うことになるでしょう。彼らは特にパリの観光名所に現れます。シャンゼリゼ通りを歩けば彼らはいます。モンマルトルの美しい街並みを歩けば彼らはいます。誰もが訪れたいと思う場所、エッフェル塔やルーブル美術館に行っても彼らはいます。 彼らがそう、ロマ’です。ロマは詐欺や盗み、物乞いのエキスパートです。彼らのターゲットはパリを訪れる観光客、特に日本人です。赤ん坊から子供、思春期の青年、大人たちまでもが、あらゆる方法であなたのお金を盗もうとします。ロマは観光客から物を盗んだり、危害を与えたりする精緻なシステムを作り上げています。 彼らがどのようにあなたのお金を盗むのか、そのテクニックについて紹介していきたいと思います。 物乞い 彼らのお金を盗む方法として、最初に挙げられるのが物乞いです。道で観光客にお金を求めるものです。物乞いには受け身な場合と能動的な場合があります ロマはchamps elyséesでお金を要求する 受け身の物乞い これは女性のロマの場合が多いです。器を自分の前に置いて、何も言わずにお金を待っているタイプのものです。彼女たちは数時間この状態で過ごしたりします。たまにあなたの気を引くためによくわからない言葉を発する人もいます。これらの言葉は理解しにくいフランス語であることが大半です。世界的に美しい道、シャンゼリゼ通りを歩けば、写真のようなロマを見かけることになるでしょう。彼女たちは座っていたり、場合によっては寝転がっていたりします。こうすることによって可哀想と思わせ、もらえるだけお金をもらってやろうという目的です。観光本には決して書かれていないことですが、これがパリの現実です。 ロマはchamps elyséesでお金を要求する 交換可能な赤ん坊を抱いた物乞い この物乞いのテクニックはよく考えられています。なぜなら彼らはとても幼い赤ん坊を抱きかかえながら、食べ物を買うためにお金が必要だと要求してくるからです。このテクニックは巧妙で、私たちに、可哀想な赤ん坊を助けてやりたいという思いにさせます。 しかし、その赤ん坊はずっとそこにいるわけではありません。実は、赤ん坊はただ物乞いの道具として使われており、時間が経つと赤ん坊を交換するのです。赤ん坊が疲れてしまったり、食事を与えなければならなくなった時に、別の赤ん坊と交換するのです。私はこの目で、赤ん坊を交換 する現場を見たことがあります。 ロマ’はchamps elyséesでお金を要求する 能動的な物乞い 能動的な物乞い、それは手にコップを持って自らあなたにお金を求めてくる場合です。彼らは時にあなたを困惑させます。なぜなら彼らはとてもしつこく、数メートルあなたについてきて、お金を求めることがあるからです。 あなたの腕をつかんで叫んできたりもします。 シャンゼリゼ通りを穏やかな気持ちで散歩することは不可能です。なぜならこのようなロマがそこら中にいて、あなたを混乱させるからです。 あなたからお金を盗む二つ目のテクニックとして次にご紹介するのは、詐欺です。 詐欺 偽の請願書による詐欺 偽の請願書による詐欺はエッフェル塔の周りやシャンゼリゼ通り、モンマルトルの街やルーブル美術館のそばに存在しています。 このテクニックはよく知られている方法ですが、未だにこの方法で観光客を騙しているロマがいます。 – 詐欺の手順 一人のロマが請願書を手に持ってあなたに話しかけてきます。彼はあなたに英語が話せるか尋ねます。もしあなたが英語を話すのであれば、そのロマは架空のチャリティー教会の請願書にサインをしてほしいと頼んできます。それは聴覚障碍者のためのサポートについてだったり、珍しい病気についてのものであったりします。それらは架空のものです。請願書は偽物です。一度あなたがそれにサインをしてしまうと、ロマはあなたにお金を求めてきます。 ロマ偽の請願書による詐欺 ロマ 偽の請願書による詐欺 この詐欺の二種類の顔* あなたが与えたお金は、偽のチャリティー協会に届くのではなく、全てロマの物になるということがお伝えできたかと思います。しかし、この詐欺にはもう一つのストーリーがあります。お金をロマに与える際、ロマはあなたの財布の場所をマークします。そして他のロマがあなたの財布を盗むことがあるのです。スリです。一人のロマがあなたに請願書について説明している間や、あなたがサインをしているときなどに盗みを働きます。 予防対策 –              ロマに話しかけられても無視すること、彼らとは常に一定の距離を保つこと –              あなたを触らせないこと、近づかせないこと。彼らはスリをしますし、詐欺のエキスパートです –              請願書には決してサインをしないこと、何があってもお金を渡さないこと –              強気になることを恐れないこと。もしあなたが弱そうにしていると、彼らはもっと攻撃的になります 指輪の詐欺 偽の指輪による詐欺はあまり事例のあるものではありません。ですが出会う可能性がないわけではないのと、この詐欺の独創性についてお伝えしたいのでご紹介しようと思います。 指輪の詐欺 詐欺の手順 ロマがあなたに話しかけてきて、あなたが金の指輪を落としたよと言ってきます。もちろんあなたは、その指輪は私の物ではないと答えるでしょう。するとロマは、この指輪は金でできているから、売るといいお金になりますよとあなたに言います。彼らは大事な指輪を見つけたいかにも優しい人のふりをします。彼らはその指輪を買わないかと勧めてきます。その値段は様々で、あなたが出せる金額を求めてきます。30ユーロから200ユーロくらいまで、様々です。 もちろんのこと、その指輪は金でできていません。売ってもお金にはなりません。何の価値も生み出さない指輪を買ってしまうことになるのです。 予防対策 – 決して指輪を買わないこと – 彼らと会話をしないこと ロマ: 盗み、攻撃、詐欺、日本人にとっての危険 2

続きを読む »

ロマ: 窃盗、暴行、詐欺、日本人にとっての危険 2

Par Momoparis

すり 若いロマがこれを行うことが多く、あなたが気づくことなく物を盗みます。彼らはすりのエキスパートです。すりは15歳以下の若い子どもが行う場合が多いです。 パリでは特に地下鉄内で起こることが多いです。彼らは人の多い時間に現れます。彼らの方法は、あなたが全く気付くことなく物を盗むことです。このすりから身を守るための方法をご紹介します。 地下鉄を使うときは、持ち物のファスナーなどをしっかりと閉めること見つけやすい場所に携帯や貴重品を入れないこと携帯を使っていたり、貴重品を持っている場合は、出入り口の近くに立ったり座ったりしないこと(扉が閉じる瞬間に、あなたのものを奪い取って逃げることがあります)地下鉄内に人が沢山いる場合は、ポケットに手を入れて注意深くなること 攻撃 キャッシュカードを盗んであなたのお金を引き出す これは被害額が大きくなりますし、被害者にとってとても衝撃的なものになるでしょう。残念なことに、パリではこの手の強盗は珍しくありません。 攻撃の方法 あなたがお金を引き出すためにATMに行きます。キャッシュカードを差し込んで、暗証番号を入力します。引き出す金額を入力しようとするとき、一人の男があなたの腕を固定してあなたを動けなくします。あなたが動けなくなっているときに、もう一人の男が欲しい金額を入力します。あなたが抵抗 したりすると、場合によってはもっと激しくなったり殴ってきたりすることがあります。 そして彼らはがお金を引き出すことが出来ると、お金と共に去っていきます。 ATMのカメラ 外のATMでお金を引き出すことをしてはいけないもう一つの理由があります。なぜならいくつかのATMはハッキングされているからです。あなたがお金を引き出すと、盗人はあなたのキャッシュカードの情報をハッキングします。そして彼らはあなたのアカウントにアクセスすることができ、お金を盗むのです。 そのため、外のATMでは絶対にお金を引き出すべきではないのです 予防対策 – 銀行内でお金を引き出すこと – 道路上にある外のATMは使わないこと – お金を引き出すときは用心深くなること – 外でお金を引き出す場合は、人の多い場所で行うこと – 夜間にお金を引き出さないこと ひったくり ひったくりはパリの広範囲で行われています。この方法は頻繁に使われています。あなたが 路上で携帯電話を使っていたり、またはアクセサリーなどの高価なものを身につけていたり、カメラを持っていたりすると、それをひったくります。シンプルにあなたの持っている鞄をひったくることもあります。ひったくりはあなたに気付かれないように近づき、突然あなたの持っている物を盗んで走り去ります。  この盗みは昼でも夜でも起きます。パリにいるともっとこのひったくりに合うことが多いです。 予防対策 – 携帯電話を使う時は注意深くなること – 携帯電話を使う時はしっかりとにぎりしめること – 高価なものを見えやすい所に身につけないこと – カメラを外に身につけないこと – 鞄はいつも閉めておくこと – 夜間に携帯電話を使うことは避けること テラスでの置き引き   典型的なパリジェンヌのようにカフェテラスでコーヒーを一杯飲んでいます。ギャルソンが提供してくれるコーヒーをテラスで味わうことは、間違いなくパリでのいい思い出になるでしょう。しかしながら、あなたはここでも安全ではなく、盗みに出くわす可能性があります。 私が「テラスの盗み」 と名付けるこの盗みの手順について説明していきたいと思います。 あなたがテラスに静かに座っているとします。ロマは携帯電話やカメラなどの貴重品をテーブルの上に置いている客をターゲットとします。日本では携帯電話をテーブルの上に置いたり、そのままお手洗いに行くことはとても普通であることは知っています。しかしパリではそんなことをすると盗まれてしまいます。 盗みの手順 ロマがテーブルの上に置いてあるあなたの携帯電話を見つけると、彼らはあなたに話しかけます。そしてあなたに何らかの書類を見せてきます(請願書などの重要ではないもの)。この目的は、あなたの注意をそこに集中させるためです。あなたがその書類を見つめている間に、ロムはばれないように携帯電話を盗みます。盗むことができた瞬間、ロムはそれをポケットに入れて突然去っていきます。あなたが自分の携帯電話を盗まれたということに気づいたときには、もう遅いでしょう。 予防対策 – シンプルなことですが、テーブルの上に携帯電話や貴重品を置かないこと – ロマが話しかけてきたら、はっきりと「non」と言い、会話を始めないこと(このケースのロムは、多くの場合若い女性です。) – 彼らが差し出してくる書類を見ないこと – かばんをしっかりと抱きかかえること ロマは詐欺をしたり、盗みを行ったり、攻撃をするための新しいテクニックを常に生み出しています。 彼らがパリに居続ける限り、あなたに危険が及ぶのです。彼らは罪を犯し続けます。パリを訪れる際は、彼らの存在に注意深くなる必要があります。…

続きを読む »