Tag Archives : テロ

フランスとテロの脅威


近年、フランスは数百人にものぼる被害者を出すテロの脅威にさらされている。特に130人の死者、413人が負傷した2015年11月13日のパリのテロは深い衝撃でした。現在のフランスのテロの状況はどのようなものでしょうか。政府は国民や観光客のためにどのような対策をとっているのか。テロの脅威のなかで、パリでの生活はどのように変化したのでしょうか。 政府のテロ対策 2015年11月13日に起きたパリのテロ以来、フランスはいまだテロの脅威にさらされています。 テロの手口はさまざまで、テロリストの行動は常に変化しています。現在、頻繁に標的にされているのは警察。 多くの警察や兵士がテロによって負傷、または死傷しています。その手口はナイフであったり、斧、車による攻撃も行われ、 民間人も狙われています。 2015年のパリ以来、最も悲惨な被害があったのは、2016年7月14日、ニースのプロムナード・デ・ザングレのテロです。テロリストが運転するトラックが民間人の群衆に突っ込み、罪のない86人の方々が死亡、434人が負傷しました。 2015年11月13日から今日まで、フランスでは、13回の攻撃があり、101人が死亡しました。フランスは世界各地に散らばるテロリストによって今もまだテロに脅かされています. 毎年、警察はフランスの国内への攻撃を計画しているテ組織の解体に努めています。 内務省よると、警察は2年間に32件の攻撃を阻止しました。 32という数字がフランスにおけるテロ対策の重要性を物語っています。2017年9月29日、ジェラルド・コロンソン内務大臣は、「テロの脅威は依然として極めて高い」と述べています。 テロリストはどこから来るのか? テロリストとは誰なのか? テロリストは、大きく分けて国内かと国外の2種類があります。 国内の脅威: フランスの情報機関によると、フランスには1万8000人の過激派がいます。 彼らは、過激なイスラム教に感化され、テロリスト組織の考えに近い存在です。彼らは特に警察によって監視されていますが、彼らはテロを引き起こす可能性があります。 国外の脅威: フランスの大きな問題は、 シリアやイラクでイスラム国の訓練を受けた フランス人戦闘員の潜伏です。シリアやイラクでの敗戦の後、多くの戦闘機がフランスに帰還しようとしています。彼らは何年もの戦闘を経験したプロです。 国防上、彼らの存在は重大な問題です。 一部の警察筋によると、テロリストたちは、移民に混じって国内に戻る可能性があります。 テロ対策 すべてのテロを防ぐため、政府はいくつかのテロ対策をとりました。2015年11月13日のパリでのテロの後、フランソワ・・オロンド前大統領は、フランスの領土に軍隊を配備することを決めました。  現在、テロリストのターゲットとなりうる、観光地、空港、鉄道駅、学校、礼拝場などの公共施設に10,000人の兵士が配備され、市民の安全と施設の防衛に努めています。彼らはテロリストへの抑止力であるとともにフランス人はもちろん、観光客の不安を取り除いています。 注:軍隊は警察ではありません。 兵士は盗難や暴行に対処するた目に配備されているわけではありません。それらは国家警察の仕事です。   ここにフランスの通りに展開されているフランスの兵士を示す小さなレポートです パリジャンの日常 パリでの悲劇の後、パリを含むフランス国内は大きな衝撃を受けました。時間が経ち、パリとニースは、この脅威とともに生きることを学びました。街中で軍事兵器を目にすることが当たり前となりましたが、人々は日常を取り戻しています。パリの人々はバーやカフェにも出かけているし、劇場やコンサートにも出かけます。しかし、それでもいつかまた、大きなテロが起きる可能性があることは、心に留めています。 マヌエル・ヴォール前首相が「テロリストの脅威とともに生活することをフランス人は学ばな狩ればいけない」と言ったように 、現在、テロの脅威は私たちの日常生活の一部となっています。

続きを読む »