Navigation dans la catégorie: 知っていますか

パリのパン屋:伝統的製法で作るパン屋と工場で作られたパンを売るパン屋

Par Momoparis

フランスの食べ物と言われて、真っ先に思い浮かぶのがクロワッサンやバゲットなどのパン。フランスのイメージは? と言われてバゲットを手にしたフランス人の姿が思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか? パン屋はフランスの文化に深く根付いています。パン屋はどこの街にも村にもありますし、大きな街ではほとんど通りに一つはパン屋があります。焼きたてで、まだ皮がカリカリのバゲット、もしくは日曜日の朝に美味しいコーヒーと一緒に食べるクロワッサンを食べる幸せといったら、言葉になりません。 公式に発表されたデータによると、フランスには2018年時点で、29,600のパン屋さんがあるそうです。98%のフランス人がパンを食べ、83%のフランス人が毎日食べます。さらに年間では、1人最低でも58kgのパンを消費しています。これらの数字を見るとフランス人がいかにパンを愛しているかが分かります。 美味しいパンをフランスで食べたいのなら、2種類のパン屋があることを知っておいてください。それは工場で作られたパンを売るパン屋と、伝統的な製法で作られたパン屋です。 この記事では、2つのパン屋にどのような違いがあるかを見ていきましょう。 工場で作られたパンを売るパン屋 このビデオで、工場で作られたパンを販売するお店がどのようにバゲットを提供しているか、お見せします https://www.youtube.com/watch?v=4ezCanLe1Dw このような業態のパン屋はスーパーマーケットの中によく入っています。さらにパリではいまこのような業態のパン屋が増えているのも事実です。実際、新しくパン屋を開く時、工場で作られたパンを販売することを選ぶことが多くあります。メリットは明らかです。製造コストは低く、現場のオペレーションも簡単です。自分たちでパンを作らなくても、出来上がった状態のものを温めて売ればいいだけですから。 さらにパリはたくさんの観光客が訪れる街です。多くの観光客は、工場で作られたパンを売るお店と伝統的な製法で作るパン屋の違いを知りません。フランスでは現在、市場の43%(2018年時点)が工場で作られたパンを売るお店となっています。パリでの公式な数字は見つけることはできませんでしたが、スーパーや大きなパン屋のチェーン店の数を見ると、パリでもかなりの割合になっていると想像できます。 伝統的製法で作るパン屋 伝統的な製法で作るパン屋では、パンはパン職人によって作られ、高品質で挑戦的です。職人がすべての工程-生地の準備、成形、そして焼き-を管理します。それぞれのお店にレシピがあり、どのお店も味や食感が違います。 パン職人になるには、厳しい競争とパンへの愛情が必要で、とても特殊で難しい仕事です。パン職人は、一般的に朝7時の開店に合わせるために早朝からパンの準備を始めます。

続きを読む »

芸術の愛の橋の南京錠が消滅

Par Momoparis

パリは愛の街だと考えられています。 それゆえに、ロマンチックな滞在先として世界中から多くの恋人達がパリを訪れます。パリで作られた、カップル達の習慣の一つは、芸術の橋の門に南京錠を掛けて、セ―ヌ川にその鍵を投げることでした。 これは、永遠に愛を封じ込めるためです。だから、何千もの南京錠が橋に沿って掛けられていました。 そして私たちは、この橋を「恋人たちの橋」と呼びました。

続きを読む »

Beaujolais ( ボジョレーヌーボー )

Par Momoparis

ボジョレーヌーボー ボジョレーヌーボーは日本人に大変人気のあるワインです。例えば、日本は世界で最大のボジョレー輸入国でもあります。2016 年には生産された約 3,000 万本のボジョレーのうち、約 700 万本がその列島(日本)に輸入されました。確かにフランス人は日本人がボジョレーに没頭しているのを見てとても楽しんでいますが、これは特定の日本人のボジョレーに対する熱狂を示しているにすぎません。いくつかの珍しい情報 ボジョレーヌーヴォーは一種類ではなく複数の種類があります。ボジョレーのブドウ栽培地は 2,700 の農場から成っています。ボジョレーは素晴らしい飲料を生産するフランスにある地域を指します。そこはリヨンの近くに位置します。質の良いボジョレーもあれば、質の悪いボジョレーもありますが、それはワインを生産する生産者やその生産方法によります。ボジョレーの特徴的な果実味は、ワインに酵母が加わることから来るものです。ボジョレーヌーボーは製造後 3~4 ヶ月のうちに素早く消費されます。フランス人はだんだんボジョレーを消費しなくなり、ボジョレーはだんだん人気がなくなっています。多くのフランス人がボジョレーを低級のワイン、質の悪い低品質のワインであると評価しています。フランスでは 1 本の値段が 4~6 ユーロ、およそ 600 円で販売されています。

続きを読む »